mineoのフリータンクのメリット、デメリットを解説

mineoユーザーではマイネ王のサービスである「フリータンク」を利用することもできます。

mineoユーザー同士やmineoスタッフと交流ができるサービス
それが「マイネ王」です!

フリータンクはパケットを入れたり出したりできる、ユーザー同士の助け合いによって成り立っている独特なサービスです。他社では同じようなサービスが一切提供されていません。

フリータンクは困ったときに役立つサービスですが、気をつけて使わなければいけないものです。今回の記事ではメリットやデメリット(注意点)を解説するので、参考にしてみてください。

mineo公式キャンペーン
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

【mineo フリータンク】みんなでパケットをシェアできる素敵な助け合いサービス

mineo フリータンクとは

【出典】mineo(マイネオ)公式サイト

mineoのフリータンクは、ユーザー全員でパケットをシェアできるサービスです。

一つのタンクをユーザーみんなが共有し、余ったパケットを入れたり、反対にどうしても足りない時は引き出したりできます。

2018年3月19日時点では、94,691,340MBものパケットがフリータンクに貯蔵されています。

フリータンクを使えるタイミングは毎月21日~末前日

フリータンクにはいつでも余ったパケットを入れられますが、反対に足りないパケットをもらいたい場合は毎月21日からその月の末前日まで引き出せます。

末日は引き出せないので、注意しましょう。

フリータンクでチャージできる通信量は最大1,000MB

引き出せるパケットにはいろいろな制限があるということに注意が必要です。

まず今までに引き出した量が余ったパケットを入れた量より多い場合は、

残容量が1,000MB未満

となっていなければいけません。

パケットに余裕があるのに引き出すのでは助け合いで成り立っているフリータンクの精神に反するので、これは納得ですね。

1ヶ月に引き出せるのは1,000MBまでであること、さらに1ヶ月に2回までであることも覚えておきましょう。

100MBを2回引き出したらそれ以上は引き出せませんし、1回で1,000MB引き出した場合も同様にこれ以上は引き出せません。

ちなみに複数回線をmineoで契約している場合、フリータンクは1回線ごとに1,000MBまで引き出せます。

フリータンクのメリット

フリータンクはいざという時に頼れる存在です。まずはメリットから解説していくので、参考にしてみてください。

ちょっとだけ足りない時などに役立つ

月末などにあと100MBだけあれば大丈夫だけど、どうしても足りない。そんな時は本来追加料金を支払ってパケットを購入するものです。

mineoでは本来、150円で100MBのパケットを購入できます。しかし割高で、あまり使いたくないところでしょう。

そんな時はフリータンクを利用すれば、無料でパケットを獲得できてしまいます。非常時の助け舟として、心強い存在ですね。

災害時に支援が行われる

フリータンクは災害が起こった時、災害救助法が適用された地域に住んでいる場合は合計10GBまでを2週間引き出せます。

災害時は救助などに関する最新情報をチェックしておきたいですよね。mineoユーザーなら、もしものときはフリータンクでしっかり情報源を確保できます。

どうしても余ってしまったパケットの使い道に最適

格安SIMの通信量は、毎月しっかり使い切っている人もいればけっこう余らせてしまっている人もいます。

僕の場合あまらせてしまうことが多いのですが、他社の場合この余ったパケットは付与された翌月末をすぎるとそのまま消えていってしまいます。

しかしmineoなら、このパケットをフリータンクに入れることで無駄なく運用できます。とくに大きなメリットなどはありませんが、完全に無駄になってしまうよりよっぽど良いでしょう。

また普段から余ったパケットをフリータンクに入れていれば、フリータンクから引き出す時にあまり罪悪感を覚えずに済むのはちょっとしたメリットですね。

フリータンクのデメリット

フリータンクには、デメリットもあります。

と言っても具体的に「使いづらい」などの問題があるわけではないのですが、利用者のモラルが問われるサービスであることを忘れないようにしましょう。

助け合いのサービスなので気を遣わざるを得ないのがちょっと面倒

フリータンクは、ユーザー同士の助け合い精神でのみ成り立っているサービスです。mineoの運営側からパケットが追加されるようなことはありません。

これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

完全無料で契約している通信量に加えて1,000MBも使えてしまうのはたしかにメリットなのですが、本当に使ってしまって大丈夫でしょうか?

使ってばかりだと、罪悪感がすごい...

自分勝手にフリータンクから容量を引き出してばかりいると、それはフリータンクの助け合い精神に反します。具体的にmineo側から制裁などが行われるわけではありませんが…。

そして実は、フリータンクに入れたパケットと引き出したパケットはマイネ王のプロフィール欄で誰でも見られます。

僕が試しにいくつかのユーザーを確認してみたところ、フリータンクに入れた方が多い人もいれば累計12,000MBも引き出しておいて一切自分からはパケットを入れていない人もいました。

引き出してばかりの人はすぐにわかってしまいますし、マイネ王ではメッセージを送る機能があるので、不適切な使い方ばかりしているとそれが原因でトラブルが起こってしまうこともありえない話ではありません。

フリータンクは助け合いのサービスです。それを忘れて自分勝手に使うのは危険なので、よく気をつけておきましょう。

以前一度だけですが、フリータンクが枯渇しかけたこともありました。枯渇するとそこでサービスは継続できなくなってしまいます。

フリータンクを何度も使うようなら容量変更を行うべきですし、引き出した分は極力翌月などに入れるべきです。

このように気を遣って利用しなければいけないのは、人によっては面倒に思えるでしょう。ちなみにパケットを引き出す際は、一言コメントが必須です。

フリータンクに余ったパケットを入れる見返りは特にない

フリータンクは助け合いの精神で成り立っているサービスで、引き出してもとくにそれによるデメリットはありません。

しかし余ったパケットをせっかくフリータンクに入れても、それはそれでとくにメリットはないのです。

一応プロフィール欄にフリータンクに入れた容量が表示されるので「自分はこれだけ誰かを助けている」と意志表示や自己満足はできますが、それだけです。

納得した上で、パケットをフリータンクに入れましょう。

フリータンクと合わせて使いたいパケット関連サービス

ここまで解説したとおり、フリータンクは便利なものの言わば最終手段。助け合いのサービスなので、あまり頻繁に使うべきサービスではありません。

mineoでは、他にも色々なパケット関連のサービスが提供されています。これらも合わせて活用し、うまくパケットをやりくりしましょう。

パケットギフト

パケットギフトでは、パケットをギフトコードに変換してやり取りできます。

例えば友達同士でmineoを使っていて、そのうち一人がどうしてもパケットが足りなくて困っているなら、余っている人がギフトコードを使ってパケットを分け与えてみてはどうでしょうか。

ただしパケットギフトは同一のeoID間だと使えません。家族で同一のeoIDを使っているなら、次項で解説するパケットシェアを使いましょう。

ちなみにネットオークション等ではパケットギフト機能を使ってパケットの転売が行われていることがありますが、推奨されていないので使うのはやめておきましょう。フリータンクから引き出した容量の転売はもってのほかです。

パケットシェア

パケットシェアでは最大5回線まででグループを作り、それぞれが余らせて翌月に繰り越した分のパケットをみんなでシェアできます。

例えばドコモの容量シェアを使っていて、一人が使いすぎたせいで家族全員が速度制限にかかってしまった経験を持っている方もいるでしょう。

mineoのパケットシェアなら各自が契約している分の通信量はその人専用、翌月繰り越し分のみがシェアされるため、巻き添えで速度制限にかかるなどのトラブルは起こらないのがメリットです。

また複数回線を一人で契約している場合、パケットシェアを使えば容易に全てのSIMカードのパケットを共有できますね。

まとめ

mineoでは、フリータンクを利用して非常時にパケットを引き出したり、反対に余ったパケットを入れて他のユーザーを助けたりできます。

助け合い精神で成り立っているためあまり頻繁に使うのは避けたいですが、必要に応じて活用しましょう。

【mineo】とにかく安く、キャリア3社に対応しているのが特徴

webでの申し込み限定特典があります!
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

mineo(マイネオ)
  • 今なら6ヶ月333円(税抜)〜
  • ドコモ、au、ソフトバンクそのまま利用開始可能
  • キャリア利用時の月額料金が半額以下に
  • iPhoneも利用OK(6からXSやXSMaxといった最新機種まで)
  • 価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位
  • かけ放題プランや、通話料を抑えるアプリあり(10円/30秒)
  • 余ったパケットを家族や友達と分け合える

mineoの公式キャンペーンページに詳しい情報が載っています↓

【UQモバイル】データ特盛キャンペーン開始!

低料金、3キャリア対応とmineoはライトユーザーにはメリットが大きいのですが、お昼(12〜13時)の速度低下が顕著で、1Mbpsを下回ることもあります。

どの時間帯でも安心して高速に通信したいのであればUQモバイルをオススメします。2018年8月から管理人はスマホをUQモバイルに乗り換えました(iPhone XSで運用中)。

データ増量キャンペーンや、他者格安SIM事業者を軒並み上回る通信速度など、メリットが多いうちに利用を開始するのがオススメです。

「データ特盛キャンペーン」実施中
【2018年9月1日〜11月30日 】

  • 今ならデータ増量オプションが2年間無料!
  • 通信速度が断トツに速い
  • 料金設定がわかりやすい&安い
  • 家族割でさらに安くできる
  • データ繰り越し可能
  • 【無料】WiFiスポットが使える
  • 選べる端末が豊富
  • 2018年 格安SIM 通信速度満足度ランキング 関東光回線 第1位 (価格.com)
  • 2018年 格安スマートフォンサービス 総合満足度 第1位 (J.D. POWER)

時間帯によっては1Mbps以下に速度が落ちる格安SIMサービスが多い中で、快適な通信速度を維持できる点が僕の決め手でした↓