ドコモユーザーが格安SIMデビュー!mineo(マイネオ)に移行する場合の手順と注意点を紹介

スマートフォンをドコモで契約していると、月額料金は2GBの5分かけ放題付きで通常5,500円(税抜)程度となり、かなり高いですよね。

5GBなら7,000円など、容量が増えるとそれに応じて月額料金はどんどん上がってしまいます。

ドコモスマホの利用料金高すぎっ!

スマホ代をもっと安く抑えたい方は、mineoへ乗り換えれば月額料金を1,000円台にまで抑えることも十分に可能です。

今回は、ドコモからmineoへ乗り換える手順や注意点について解説します。

mineo公式キャンペーン
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

mineoにドコモプランはあるの?

mineoには、ドコモ回線を使っている「Dプラン」とau回線の「Aプラン」があります。

キャリアから格安SIMへ乗り換える時は手持ちの端末が使えなくなることもありますが、ドコモからmineoのDプランへ乗り換えるなら心配はありません。

使用している回線がどちらも同じであるため、ドコモユーザーはmineoのDプランに「SIMロック解除」手続きの必要なしで移行可能です。

同様に、auユーザーであれば基本的にmineoのAプランに「SIMロック解除」手続きの必要なしで以降可能です。

ただし端末によってはmineoのSIMカードだとテザリングに対応しないこともあるので、mineo公式サイトにある「動作確認済端末」のリストを事前にチェックしましょう。

SIMロック解除が必要な場合、ショップで3000円程度でお願いできます

mineoをDプランで運用した場合の料金

mineoDプランへ乗り換えた場合の月額料金を、表にまとめました。

以下の料金は音声通話とデータ通信が可能な、デュアルタイプにおける月額料金です。

データ容量
(デュアルタイプ)
月額料金(税抜)
500MB1,400円
1GB1,500円
3GB1,600円
6GB2,280円
10GB3,220円
20GB4,680円
30GB6,600円

安価なデータ容量なら1,000円台から利用できます。

ただしこれらの月額料金には通話料金が含まれておらず、通話をした際は30秒につき20円がかかります。

月額850円(税抜)の「10分かけ放題」オプションを契約していれば10分以内の通話はかけ放題、10分を超えた分も30秒10円で通話できるので、通話をすることが多い場合はオプションを契約しましょう。

docomoからmineoへMNPする手順

ドコモからmineoへは、電話番号はそのままですぐに乗り換えられます。電話番号の変更がなければ知人・友人へ連絡する必要もないので安心ですね。

ドコモからmineoへの乗り換えの手順を、チェックしてみましょう。

【STEP1】 ドコモでMNP予約番号を発行する

まずはドコモで、電話番号をそのままで他社へ乗り換えるのに必要な「MNP予約番号」を発行しましょう。

  • パソコン(ドコモオンライン手続き)
  • 151への電話
  • ドコモショップ

これらの方法で、MNP予約番号を発行できます。

最も簡単なのは、ドコモオンライン手続きによるMNP予約番号の発行です。9時〜21時30分に「ドコモオンライン手続き」から、MNP予約番号を発行することができます。

手続きが難しいと感じた場合は9時から20時までに「151」へ電話をかければ、すぐにMNP予約番号発行の手続きをしてもらえます。

【STEP2】 MNP予約番号を入手後すぐmineo公式サイトで契約手続き

MNP予約番号を発行したら、できる限りその日のうちにmineo公式サイトからmineoの契約手続きを行いましょう。

MNP予約番号には15日の有効期限がありますが、mineoへ乗り換える際は10日以上期限が残っていなければいけません。期限が切れてしまわないよう、早めに契約手続きを行いましょう。

契約手続きには、

  • クレジットカード
  • 免許証などの本人確認書類
  • MNP予約番号

これらが必要です。事前に用意をして、画面の指示に従って手続きを進めていきましょう。

mineo公式サイトで契約手続きを行ったら、あとはSIMカードが届くまで待つことになります。

【STEP3】 新しいSIMカードが届いたら端末に入れ、初期設定する

自宅にSIMカードが届いたら、これからmineoのSIMカードで利用する端末にSIMカードを入れましょう。

続いてmineoのマイページで「MNP転入切替」の手続きをし、回線が今まで使っていたドコモからmineoへ切り替わったら最後に「ネットワーク設定」です。

ネットワーク設定はiPhoneならWi-Fi接続をして「設定プロファイル」をインストールすればOK、Android端末の場合は設定アプリの「モバイルネットワーク」から設定を入力・適用すれば手続きは完了です。

mineoから送られてきたSIMカードに設定方法を詳しく記載したマニュアルが付属しているので、マニュアルも確認しつつ初期設定を進めましょう。

mineoに移行する際の注意点

最後に、mineoに乗り換える場合の注意点を解説します。

mineoへ乗り換える場合は主に通信速度と、通信制限に注意が必要ですね。

お昼や夜など、速度が遅い時間帯もある

mineoDプランはドコモ回線を使用していますが、回線帯域の一部のみを借りて運営しているため回線が混み合いやすく、お昼や夜など速度が遅い時間帯もあります。

回線速度が1Mbps以下など極端に遅い時は、混み合っていると考えられます。混み合っている時間帯は動画再生やアプリのダウンロードなどが困難なので、注意しましょう。

データ容量を使い切ると速度が200kbpsに制限される

mineoでは、契約したデータ容量を使い切ると速度が最大200kbpsに制限されます。この速度だと動画再生やアプリのダウンロードのように速度を必要とする作業は困難になるので、注意しましょう。

ただしドコモだと、速度制限中は最大128kbps。それに比べればmineoにおける速度制限中のスピードは少しだけ速めとなっています。

とはいえ速度制限にかかってしまうとストレスが溜まるので、余裕をもって多めのデータ容量を契約したり、毎月21日〜末前日に利用できるフリータンクを活用したりとうまくやりくりしましょう。

まとめ

ドコモからmineoへ乗り換えれば、スマホ代は1,000円台〜と安く抑えられます。

毎月のスマホ代は家計費を圧迫しがちですよね。注意点に納得した上で、ドコモから安価なmineoへの乗り換えを検討してみる価値は十分にありますよ。

【mineo】とにかく安く、キャリア3社に対応しているのが特徴

webでの申し込み限定特典があります!
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

mineo(マイネオ)
  • 今なら6ヶ月333円(税抜)〜
  • ドコモ、au、ソフトバンクそのまま利用開始可能
  • キャリア利用時の月額料金が半額以下に
  • iPhoneも利用OK(6からXSやXSMaxといった最新機種まで)
  • 価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位
  • かけ放題プランや、通話料を抑えるアプリあり(10円/30秒)
  • 余ったパケットを家族や友達と分け合える

mineoの公式キャンペーンページに詳しい情報が載っています↓

【UQモバイル】データ特盛キャンペーン開始!

低料金、3キャリア対応とmineoはライトユーザーにはメリットが大きいのですが、お昼(12〜13時)の速度低下が顕著で、1Mbpsを下回ることもあります。

どの時間帯でも安心して高速に通信したいのであればUQモバイルをオススメします。2018年8月から管理人はスマホをUQモバイルに乗り換えました(iPhone XSで運用中)。

データ増量キャンペーンや、他者格安SIM事業者を軒並み上回る通信速度など、メリットが多いうちに利用を開始するのがオススメです。

「データ特盛キャンペーン」実施中
【2018年9月1日〜11月30日 】

  • 今ならデータ増量オプションが2年間無料!
  • 通信速度が断トツに速い
  • 料金設定がわかりやすい&安い
  • 家族割でさらに安くできる
  • データ繰り越し可能
  • 【無料】WiFiスポットが使える
  • 選べる端末が豊富
  • 2018年 格安SIM 通信速度満足度ランキング 関東光回線 第1位 (価格.com)
  • 2018年 格安スマートフォンサービス 総合満足度 第1位 (J.D. POWER)

時間帯によっては1Mbps以下に速度が落ちる格安SIMサービスが多い中で、快適な通信速度を維持できる点が僕の決め手でした↓