【mineoの電話】LaLaコール、mineoでんわ、通話定額のどれがオトク!?

mineoでは、アプリ「LaLaコール」を利用することで通話料金を大幅に節約できます。

さらにmineoには「mineoでんわ」による半額通話や10分かけ放題、「通話定額」といったオトクな料金で通話できる通話方法があります。

なんだかいっぱいあって、どれを選んでいいのかわからないぞ...

結論から書くと、最もお得に通話できるのはLaLaコールです。

今回の記事では、mineoの各種通話サービスについて解説します。

mineo公式キャンペーン
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

LaLaコールが一番オトク

mineo - 電話アプリ「LaLa Call」

mineoを契約しつつ通話料金を徹底的に削減するなら、選ぶべきなのはIP電話サービスである「LaLa Call(ララコール)」となります。

IP電話ってよく聞くけどなんなんだろっ?
IP電話というのはデータ通信を用いた電話サービスのことなんだ

mineoでは通常30秒20円の通話料金がかかります、しかし、LaLaコールを利用すれば通話料金は以下の表にまとめたように割安になります。

発信先通話料金(税抜)
固定電話3分8円
携帯電話30秒8円
LaLaコールや
eo光電話など
0円

通話料金が発信先によって異なるのには注意が必要ですが、いずれの通話先も通常の通話料金に比べれば安価に抑えられていますよね。

特にLaLaコールやeo光電話などの提携している相手とは、いくら通話しても通話料金がかかりません。

家族で乗り換える場合などは、LaLaコールをみんなで使えば通話料金を大幅に減らせますね。

ちなみに我が家では僕がmineo、妻は面倒くさがってなかなかmineoに移行してくれず、今でもauを使っています。

また、僕と妻はLINEを使って通話しています。LINE同士なら通話料は無料ですね。

ガラケーで、LINEも使っていない両親と電話をする際にLaLaコールアプリを使用して電話をしています。

mineo - 電話アプリ「LaLa Call」
正直、アプリのデザインは超いけてないねっ!

月額料金は100円、無料通話あり

LaLaコールは以前、mineoユーザーなら無料で使えました。しかし現在は、月額100円(税抜)がかかります。

ただしその代わりに、mineoユーザーは100円(税抜)分の無料通話が毎月可能であるため月額料金は「実質0円」です。

100円分というと、例えば携帯電話へ発信するなら6分程度通話が無料でできます。固定電話宛なら、38分程度通話可能です。

月額料金の範囲内に通話時間が収まるなら、LaLa Callアプリを使用すれば、mineoで通常の電話をするよりも出費を大幅におさえられますね。

電話番号は独自の050番号が付与される

LaLaコールのメリットでありデメリットでもあるのが、使われる電話番号が「050」から始まる独自の番号であることです。

mineoを音声通話機能付きのデュアルタイプで契約しても、LaLaコールを利用する場合その番号で相手に発信することはできません。

つまり、mineoでは通常の「080」や「090」から始まる番号の他に、LaLa Callアプリで「050」から始まる番号が取得できるということになります。

LaLa Callはmineoユーザー以外も使用できるアプリですが、通常の電話番号を相手に知らせたくない場面で活用する使い方もできますね。

発信先の相手に事前に番号を知らせておかなければ、知らない番号からかかってくるため電話を受けてもらえない可能性もあるので注意しましょう。

言い換えると、独自の番号が付与されるIP電話サービスであるLaLaコールはmineoをデータ通信のみのシングルタイプで契約した場合でも利用できます。(登録時に認証のため別途自宅などの電話番号が必要)

通話を全てLaLaコールですませられるのであれば、mineoの契約を通常の電話なしのシングルタイプにしてしまえば、

月額700円(500MB、税抜) + LaLaコールの月額100円(税抜)

で、800円(税抜)〜と月々の負担は大幅に削減できます。

mineoなら電話もできて月800円から利用できんだ!
ぼくのおこづかいでもなんとかなりそう
LaLaコールだと緊急電話は使えない点には注意してね!

通話料金はmineoと合算できる

LaLaコールの通話料金は、mineoと合算することが可能です。

合算以外には、クレジットカードを登録して支払うことができます。ただし国際ブランド付きでクレジットカードのように使えるデビットカードやプリペイドカードは登録できない場合があるので注意しましょう。

何個も請求が分かれるとごちゃごちゃしてしまうので、LaLaコールの通話料金はmineoと合算請求にしてしまうのがオススメですね。

フリーダイヤルや緊急通報には発信できない

LaLaコールの注意点は、フリーダイヤルや緊急通報、ナビダイヤルなど一部の電話番号に発信できないことです。

mineoを音声通話機能付きのデュアルタイプで契約していれば非常時には通常の音声通話を使って電話できますが、シングルタイプで契約している場合は発信できないため十分に気をつけなければいけません。

通話品質は通常の音声通話よりも少し悪い

LaLaコールはデータ通信を利用して通話を行う、IP電話です。

IP電話の弱点として挙げられるのは、回線状況によって音声が遅延したり、乱れたりしてしまう場合があることです。

通常の音声通話も同じようなトラブルが起こることはありますが、IP電話の場合それ以上に品質が落ちてしまいがちです。

より安定した通話を行いたい方は、次項より紹介する音声通話回線を用いたmineoの通話サービスを活用しましょう。必要に応じて併用するのも良いですね。

mineoでんわサービス

2017年10月2日に始まった「mineoでんわ」には、半額通話と10分かけ放題の2種類があります。

利用料金は以下のとおりです。

 通話料金
通常時30秒20円
mineoでんわ利用時30秒10円
10分かけ放題月額850円(税抜)
※10分超過後は30秒10円

半額通話は月額料金がかからず、専用アプリ「mineoでんわ」を使って発信することで通話料金を通常の半額の30秒10円にできます。

10分かけ放題を契約する場合は月額850円(税抜)がかかり、10分以内の通話は無料となります。そして10分を超えた分は、30秒10円という通常の半額料金で請求されるしくみです。

アプリを利用しなければ、mineoでんわの半額通話やかけ放題は適用できないので注意しましょう。

IP電話ではないので、通話品質がより優れている

mineoでんわはIP電話ではなく、通常の電話回線を使っているサービスです。そのため通話品質においては、LaLaコールよりも有利となります。

より安定した通話を行いたいなら、選ぶべきなのはLaLaコールよりもmineoでんわです。

利用者の電話番号は通常時と変わらないが、NTT固定電話には番号が通知されない

mineoでんわを利用した場合、専用の番号が使われるLaLaコールと違って電話番号は変わりません。

しかし、NTT固定電話に発信した場合に限り、番号が通知されないので注意しましょう。

mineoでんわのメリットは、お知らせ機能

mineoでんわで10分かけ放題などを利用していると、通話時間に気をつけなければいけません。

しかしアプリの設定から指定した通話時間に振動や音声などで知らせてくれるので、長電話を防げます。

ユーザーが使いやすいようにアプリに工夫が施されているのも、mineoでんわの隠れたメリットと言えるでしょう。

通話定額

mineoには、mineoでんわの登場以前から通話定額サービスが提供されていました。

通話定額サービスは、30分、60分といった分数までの通話は定額の範囲内になることが特徴です。

サービス名月額料金(税抜)
通話定額30840円
通話定額601,680円

通話定額は専用のアプリなどが不要です。メリットとデメリットをチェックしていきましょう。

通話時間が不安定な人におすすめのプラン

それぞれ1ヶ月の通話時間が30分、60分以内であれば、何回に分けて通話してもOKです。また反対に、1回の通話時間が30分や60分になってしまっても大丈夫です。

通話時間が不安定な人は、mineoでんわよりも通話定額を契約したほうがお得になることがあるでしょう。

超過後は30秒20円の通話料金がかかってしまうので注意!

通話定額30なら1ヶ月に30分、60なら60分以上通話すると、超過分に対しては30秒20円という通常と変わらない通話料金がかかってしまいます。

1回毎の通話時間をしっかり把握しておき、定額の範囲を超えないように注意しなければいけないのが通話定額のデメリットです。

完全無料で通話したいなら、LINEやSkypeという選択肢も

ここまでmineoにおいて提供されているお得に通話を行える各種オプションサービスを解説しましたが、最後にもう一つ通話料金の節約サービスを解説します。

LINEやSkypeでは、友達として登録している相手と無料で何分でも通話ができるのです。

家族や友人のような親しい相手と気軽に通話をしたいなら、LINEやSkypeの無料通話を使ってみるのもアリです。

LINEなどでつながっていない知人やお店などと電話をするときはLaLaコールやmineoでんわ、親しい相手とはLINEの無料通話というように、用途に合わせて使い分けるのもおすすめです。

まとめ

mineoでは、

  • LaLaコール
  • mineoでんわ
  • 通話定額

以上3種類の通話関連オプションサービスを利用できます。

単純に通話料金を節約したいなら「LaLaコール」、電話番号はそのままで通話料金を抑えたいなら「mineoでんわ」の半額通話や10分かけ放題を利用するのはどうでしょうか。

10分以上の通話をする機会があるなど、通話時間が不安定な人は通話定額も合わせて検討してみましょう。

また通話を安く行う手段としては、他にLINEやSkypeの無料通話機能もあります。mineoのオプションと合わせて活用しても良いですね。

【mineo】とにかく安く、キャリア3社に対応しているのが特徴

webでの申し込み限定特典があります!
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

mineo(マイネオ)
  • 今なら6ヶ月333円(税抜)〜
  • ドコモ、au、ソフトバンクそのまま利用開始可能
  • キャリア利用時の月額料金が半額以下に
  • iPhoneも利用OK(6からXSやXSMaxといった最新機種まで)
  • 価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位
  • かけ放題プランや、通話料を抑えるアプリあり(10円/30秒)
  • 余ったパケットを家族や友達と分け合える

mineoの公式キャンペーンページに詳しい情報が載っています↓

【UQモバイル】データ特盛キャンペーン開始!

低料金、3キャリア対応とmineoはライトユーザーにはメリットが大きいのですが、お昼(12〜13時)の速度低下が顕著で、1Mbpsを下回ることもあります。

どの時間帯でも安心して高速に通信したいのであればUQモバイルをオススメします。2018年8月から管理人はスマホをUQモバイルに乗り換えました(iPhone XSで運用中)。

データ増量キャンペーンや、他者格安SIM事業者を軒並み上回る通信速度など、メリットが多いうちに利用を開始するのがオススメです。

「データ特盛キャンペーン」実施中
【2018年9月1日〜11月30日 】

  • 今ならデータ増量オプションが2年間無料!
  • 通信速度が断トツに速い
  • 料金設定がわかりやすい&安い
  • 家族割でさらに安くできる
  • データ繰り越し可能
  • 【無料】WiFiスポットが使える
  • 選べる端末が豊富
  • 2018年 格安SIM 通信速度満足度ランキング 関東光回線 第1位 (価格.com)
  • 2018年 格安スマートフォンサービス 総合満足度 第1位 (J.D. POWER)

時間帯によっては1Mbps以下に速度が落ちる格安SIMサービスが多い中で、快適な通信速度を維持できる点が僕の決め手でした↓