mineoの支払いにはどのような方法が選べるの!?

月額料金の支払い方法は格安SIMごとに異なっていて、会社によってはクレジットカード以外にのみ対応していたり、口座振替が選べたりします。

mineoの月額料金の支払い方法はどうなっているかというと、基本的にクレジットカード払いのみとなっています。

今回の記事では、mineoの支払い方法について詳しく解説します。

mineo公式キャンペーン
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

mineoの支払い方法は?

mineoの契約方法や支払い方法を、早速チェックしていきましょう。

mineoは契約時に、基本的にクレジットカードが必須となっています。

mineoはクレジットカードでの支払いが基本!

mineoの契約には、クレジットカードが必要です。

mineoの契約時に必要なもの

  • 本人名義のクレジットカード
  • (デュアルタイプの場合のみ)運転免許証などの本人確認書類
  • (他社から電話番号をそのままで乗り換える場合のみ)MNP予約番号

以上が、mineoの契約にあたって必要なものとなっています。

利用できるクレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ

    これらの国際ブランドが設定されているクレジットカードを利用できます。

    なお契約時に登録するクレジットカードは、申込者と同一名義でなければいけません。

    デビットカードは支払えないこともあるので注意が必要!

    デビットカードやプリペイドカードの中には、VISAやMasterCardなどの国際ブランドを付帯しているものもあります。

    それらを使ってmineoを契約することができるのか、気になりますよね。

    mineoの契約は、基本的にクレジットカードでなければできません。デビットカードやプリペイドカードは、登録できることもあるもののできない場合も普通にあります。

    また以前登録できたデビットカードでも、いつの間にか登録できなくなっているものがあります。

    ネット上で「これは使える」という情報を見かけたとしても、最新の状況は異なっている可能性があるので注意しましょう。

    基本的に、mineoの契約や支払いにはデビットカードは使えないものと考え、クレジットカードを用意したほうが良いでしょう。

    口座振替での支払いができない

    mineoでは、口座振替を利用することはできません。

    ただし例外として、関西地方に住んでいて自宅でeo光ネットを契約し、その支払い方法に預金口座振替を設定している場合のみ口座振替ができます。

    eo光を契約している人のみ、口座振替を利用することができるんだね

    mineoの請求締め日・支払い日は?

    mineoをクレジットカードで利用するにあたり、月額利用料金の請求の締め日や支払日について知っておきたいところでしょう。

    締め日と請求のタイミングについて解説するので、覚えておいてください。

    mineoの締め日は基本的に月末

    mineoは月末を締め日に設定しています。わかりやすいですね。

    なお新規契約や解約をした際は、その月の料金は日割りです。無駄がなく、いつ契約・解約してもOKなのがメリットですね。

    請求のタイミングはクレジットカード会社により異なる

    mineoの請求はクレジットカードに行われ、引き落とし日は各クレジットカード会社で異なります。事前に支払い日を確認しておきましょう。

    実際にmineoを利用している僕の直近の支払い例を挙げると、2018年1月31日付でmineoの利用料金が請求されていました。

    支払いに使っているカードは15日締めの翌月10日払いであるため、1月の利用料金は3月10日に支払うこととなっています。

    mineoは家族分をまとめて支払える?

    家族でmineoに乗り換えれば、月額料金を大幅に節約できますよね。

    そしてその際、支払いを一つにまとめられればごちゃごちゃせず楽ですよね。mineoでは工夫をすることで、家族分をまとめて支払うこともできます。

    家族カードを使えば支払いがまとめられる

    mineoの契約時には本人名義のクレジットカードが必須です。つまり普通には、全て1人の名義で契約しない限り支払いをまとめられません。

    家族それぞれの名義で契約してクレジットカードの請求をまとめたい場合は、家族カードを発行して支払い方法に契約者名義の家族カードを使いましょう。

    家族カード
    クレジットカードにおいて、本会員と生計を共にする18歳以上の配偶者や子供といった家族の名義で発行できる「追加のカード」で、家族カードにおいて行なわれた支払いは本会員の支払いと合算で請求されるしくみとなっています。

    つまり家族が契約する際にmineoの支払い方法を各自の家族カードにすれば「契約者名義のクレジットカードを用意する」という契約時の必須条件がクリアされ、なおかつ「家族分の支払いを1箇所にまとめる」という希望も果たされます。

    ただしクレジットカードの中には家族カードを発行できなかったり、発行できても年会費等の費用が別途かかったりするものもあるので注意しましょう。

    これで支払いは、一つにまとめられます。

    mineoは後から名義を変更することもできる

    mineoは、mineoサポートダイヤルから契約の名義を変更できます。

    子どもにmineoのSIMを使わせる際には、ひとまず保護者名義で契約して、将来的にはサポートダイヤルから名義を子どもの名義に変更、支払いも子どもが発行したクレジットカードに変更するなどしてみてはどうでしょうか!?

    まとめ

    mineoの支払い方法は、基本的にクレジットカードのみです。

    デビットカードやプリペイドカードは物によっては使えず、以前使えたものも使えなくなっている場合があります。つまりクレジットカードを用意したほうが、確実です。

    そしてmineoで口座振替をしたい場合は、eo光ネットの契約者のみが口座振替を設定できるしくみとなっています。関西に住んでいるeo光ユーザー以外は、クレジットカードを用意しましょう。

    【mineo】とにかく安く、キャリア3社に対応しているのが特徴

    webでの申し込み限定特典があります!
    【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

    mineo(マイネオ)
    • 今なら6ヶ月333円(税抜)〜
    • ドコモ、au、ソフトバンクそのまま利用開始可能
    • キャリア利用時の月額料金が半額以下に
    • iPhoneも利用OK(6からXSやXSMaxといった最新機種まで)
    • 価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位
    • かけ放題プランや、通話料を抑えるアプリあり(10円/30秒)
    • 余ったパケットを家族や友達と分け合える

    mineoの公式キャンペーンページに詳しい情報が載っています↓

    【UQモバイル】データ特盛キャンペーン開始!

    低料金、3キャリア対応とmineoはライトユーザーにはメリットが大きいのですが、お昼(12〜13時)の速度低下が顕著で、1Mbpsを下回ることもあります。

    どの時間帯でも安心して高速に通信したいのであればUQモバイルをオススメします。2018年8月から管理人はスマホをUQモバイルに乗り換えました(iPhone XSで運用中)。

    データ増量キャンペーンや、他者格安SIM事業者を軒並み上回る通信速度など、メリットが多いうちに利用を開始するのがオススメです。

    「データ特盛キャンペーン」実施中
    【2018年9月1日〜11月30日 】

    • 今ならデータ増量オプションが2年間無料!
    • 通信速度が断トツに速い
    • 料金設定がわかりやすい&安い
    • 家族割でさらに安くできる
    • データ繰り越し可能
    • 【無料】WiFiスポットが使える
    • 選べる端末が豊富
    • 2018年 格安SIM 通信速度満足度ランキング 関東光回線 第1位 (価格.com)
    • 2018年 格安スマートフォンサービス 総合満足度 第1位 (J.D. POWER)

    時間帯によっては1Mbps以下に速度が落ちる格安SIMサービスが多い中で、快適な通信速度を維持できる点が僕の決め手でした↓