mineoの解約方法は?違約金はどのくらいかかるの?

mineoの解約はネットからすぐに行えるため、とても簡単です。

ただし注意したいのは、MNP転出をする場合に限り解約のタイミングによっては高額な費用がかかってしまうことでしょう。

この記事では、mineoの解約方法や違約金を解説します。契約中の方やこれから契約予定の方は、参考にしてください。

mineo公式キャンペーン
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

mineoを解約する際の違約金はいくらかかる!?

mineoのSIMカードの解約には、一切お金がかかりません。

mineoは、データSIM(シングルタイプ)も音声通話対応SIM(デュアルタイプ)も違約金が0円なのです。Dプラン・Aプランともに、どのタイプで契約していても違約金はかかりません。

違約金がかからない格安SIMは、mineoの他にはFREETELとイオンモバイルくらいなのです...!

端末の残債は満額請求される

SIMカードの解約に違約金はかかりませんが、mineo契約時にSIMフリー端末を分割購入していた場合、残債が残っている場合支払いが必要となるので注意しましょう。

例えば月1,000円の分割払いが残り6か月残っているなら、6,000円は支払わなければいけません。

mineoには最低利用期間はない!

mineo以外の多くのMVNOでは、「最低利用期間」が音声通話対応SIMに設定されています。

例えばIIJmioは最低利用期間が12か月に設定されていて、最低利用期間内に解約する場合は解約時に「音声通話機能解除調停金」、いわゆる違約金として残り月数×1,000円(税抜)を請求されてしまいます。

Y!mobileやUQ mobile(ピッタリプラン・おしゃべりプラン)は2年間の契約で、さらに契約が自動更新です。契約更新月以外のタイミングでは、9,500円(税抜)の違約金がかかります。

しかし、mineoには他社と違い最低利用期間がなく、いつ解約しても違約金はかかりません。

どうしてもサービス内容に納得できなかったり、他社に契約先を変えたいなければいけない都合があったりしたら、いつでも解約してOKです。

MNP転出する際の手数料と、オススメな解約タイミングは?

mineoをいつ解約しても、違約金はかかりません。

しかし、電話番号をそのままで他社に乗り換える場合は「MNP転出手数料」がかかります。MNP転出手数料を表にまとめました。

利用開始月の翌月から
12ヶ月以内
12,420円(税込)
13ヶ月目以降2,160円(税込)

他社の場合、例えばIIJmioでは3,000円(税抜)、ドコモでは2,000円(税抜)のMNP転出手数料がかかります。

mineoにおける「契約開始翌月から12か月以内」のMNP転出手数料は、かなり高額なので注意しましょう。

解約ならいつでも0円で他社より有利ですが、MNP転出だと膨大な費用がかかるように調整することでバランスが保たれていると考えられますね。

電話番号が変わってもいいならいつでも解約してOKですが、電話番号がそのままでなければいけない理由があるならタイミングを見極めて安価な費用でMNPしましょう。

例えば電話帳に登録している人が多すぎて変更を伝えるのが大変な場合など、あるのではないでしょうか。

MNP転出は利用開始から13ヶ月経ってから!

例えば、2018年1月にmineoを利用開始したら、2月から12か月間(1年間)はずっと12,420円(税込)のMNP転出手数料がかかります。

しかし、2019年3月1日以降は、MNP転出手数料が2,160円(税込)に減少します。

つまり、mineoから他社にお得に乗り換えたいなら、乗り換えのタイミングは、

利用開始月から14ヶ月目

なのです。ちょっとわかりづらいので、注意しましょうね。

mineoを解約する手順

mineoの解約は、公式サイト内の「mineoユーザーサポート」から行います。

解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ」の項目で、いずれかの解約理由を選びます。

mineoの解約方法 - 解約理由を選択 [故障した、紛失した、新しい端末を使いたい][利用する機会が少ない、使用しない][電波が入りにくい、もっと快適に通信したい][月々の料金が高い]

解約理由をクリック(タップ)した後、ページを下に進めましょう。対処方法の下に、

mineoの解約方法 - 解約理由 利用継続の方、解約の方、MNP予約番号発行(MNP転出)の方、MNP予約番号照会の方

このように4つの項目が並んでいます。

解約なら「解約の方はこちら」を選んでログインすれば、解約手続きができます。MNPは「MNP予約番号発行(MNP転出)の方はこちら」を選んで、手続きをしましょう。

他社の場合電話や書類の郵送が必要なこともありますが、mineoはインターネット上で手続きを終えられるためスムーズに解約・MNP転出できるのがメリットですね。

まとめ

mineoの解約は、mineoユーザーサポートからすぐに行えます。

解約する場合、端末の残債が残っていると残債はしっかり支払わなければいけないので注意しましょう。またMNP転出をする場合は、約13ヶ月ほど高額なMNP転出手数料が発生します。

よほど今の電話番号にこだわりがあるのでなければ、無料でいつでも解約できる格安SIMを選ぶのがオススメですね!

【mineo】とにかく安く、キャリア3社に対応しているのが特徴

webでの申し込み限定特典があります!
【2018年7月24日(火)~11月6日(火)】

mineo(マイネオ)
  • 今なら6ヶ月333円(税抜)〜
  • ドコモ、au、ソフトバンクそのまま利用開始可能
  • キャリア利用時の月額料金が半額以下に
  • iPhoneも利用OK(6からXSやXSMaxといった最新機種まで)
  • 価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位
  • かけ放題プランや、通話料を抑えるアプリあり(10円/30秒)
  • 余ったパケットを家族や友達と分け合える

mineoの公式キャンペーンページに詳しい情報が載っています↓

【UQモバイル】データ特盛キャンペーン開始!

低料金、3キャリア対応とmineoはライトユーザーにはメリットが大きいのですが、お昼(12〜13時)の速度低下が顕著で、1Mbpsを下回ることもあります。

どの時間帯でも安心して高速に通信したいのであればUQモバイルをオススメします。2018年8月から管理人はスマホをUQモバイルに乗り換えました(iPhone XSで運用中)。

データ増量キャンペーンや、他者格安SIM事業者を軒並み上回る通信速度など、メリットが多いうちに利用を開始するのがオススメです。

「データ特盛キャンペーン」実施中
【2018年9月1日〜11月30日 】

  • 今ならデータ増量オプションが2年間無料!
  • 通信速度が断トツに速い
  • 料金設定がわかりやすい&安い
  • 家族割でさらに安くできる
  • データ繰り越し可能
  • 【無料】WiFiスポットが使える
  • 選べる端末が豊富
  • 2018年 格安SIM 通信速度満足度ランキング 関東光回線 第1位 (価格.com)
  • 2018年 格安スマートフォンサービス 総合満足度 第1位 (J.D. POWER)

時間帯によっては1Mbps以下に速度が落ちる格安SIMサービスが多い中で、快適な通信速度を維持できる点が僕の決め手でした↓